トイレのリフォーム

トイレのリフォームポイント5つ

  1. トイレのタイプを選びましょう。
    最近はタンクレストイレが主流ですが、タンクレストイレには手洗いが付いていません。別途手洗い場を設置する必要があり、トイレにある程度の広さが必要となります。まずはトイレの広さを計測し、タンク有・無しなどトイレのタイプを考えましょう。

  2. 排水芯の位置を確認しましょう。
    排水芯とは、壁とトイレの便器下にある排水管の中心までの距離のことで、1995年以降に建てられた住宅は200mmが主流となりますが、それ以前は300mm以上のものが多くあります。アタッチメントなどで対応は可能ですが、場合により床の工事が必要になることもありえるので、事前確認を行いましょう。

  3. 汚れやすいトイレの床対策。
    トイレの床は非常に汚れやすいため、手入れや掃除がしやすい床を選びましょう。クッションフロアの張り替えも良いですが、住まいとの統一感を出すために、「耐水」、「耐アンモニア」に優れたフローリングに変更することもお勧めです。長く使用していくトイレだからこそ、居心地がよく清潔を保てる空間にしましょう。

  4. バリアフリーは配置が重要。
    バリアフリートイレにする場合、扉は出入りしやすいように大きめの引き戸にし、トイレ内でも車椅子が切り返しができるような十分なスペースを確保しましょう。また、手すりやアームレストの設置、緊急用の呼び出しボタンを備え、安心して使用できるトイレにしましょう。

  5. 水圧の確認をしましょう。
    タンクレスタイプのトイレの場合、水圧が低いと洗浄が不十分になることがあります。戸建てで、2階、3階のトイレに設置する場合は、十分な水圧が確保できるかを確認しましょう。浴槽などのシャワーの水圧が弱い住まいは要注意です。

プチリフォームでトイレをおしゃれなプライベート空間に

トイレは小さな空間だからこそ、個性的なディスプレイや思い切った演出ができます。しかもイマドキの便器は、トビハネも防止できて、水を流すたびに洗ってくれるからいつも清潔。プチリフォームで、機能的で快適なわが家自慢のトイレに変身させませんか。

 

プチリフォームで、もう一つのプライベートルームが誕生!

トイレが狭いと感じている人は、リフォームがおすすめ。タンクレスのトイレは今までのトイレ空間がすっきりスマートな印象に変わります。でもせっかくなら設備を入れ替えるだけじゃもったいない!小さなスペースだからこそ、床や壁などの内装、照明の使い方などを自分らしく思い切ったアレンジができます。おしゃれなプライベート空間をつくってみませんか?

●バリアフリープラン

モザイクタイルを思わせる壁に、メープル柄のキャビネットで上品に。手洗いと一体型のキャビネットはたっぷり収納でストックやトイレのおそうじグッズなどもすっきり片づきます。

 

●本棚プラン

フロートタイプのキャビネットの下に間接照明をつけて、しっとり落ち着ける空間に。上部に本棚を設けて、個室ライブラリーの雰囲気。ちょっとした考えごとをするのにも、もってこいの空間になります。

 

●ボタニカルプラン(植物に囲まれた空間)

 

奥様や男性に朗報!!最新のトイレは、トビハネしない


最新トイレはタンクレスで、トイレ空間が広く使えるだけではなりません。「トビハネやめてほしい!」という奥様や「座ってするのは嫌だ!」という男性に嬉しい機能がついたのです。便器内の水面を覆っている洗剤の泡のクッションで受け止めて「トビハネヨゴレ」を防御。座ってした場合にも便座と便器の間からモレ落ちる汚れも防げる設計です。

 

おそうじの手間がグンとラクになる自動洗浄

流し切れずに残ったこびりつき汚れは悩みの種。でも「アラウーノ」なら、水洗のたびに2種類の泡がしっかり汚れを落とし、少ない水で一気に流し切るから、大のこびりつきもなくクリーン。さらに便器の素材そのものが水アカがつきにくく汚れをはじいてくれるので、いつもピカピカ。汚れがたまりやすいスキマや段差がない設計なので、拭きそうじもスムーズです。

 

水まわり専用のフローリングで、いつでも清潔

トイレにぴったりのサニタリー用フローリングがあるのをご存知ですか?水がしみこみにくい構造になっているので、乾いた布でサッとふき取れていつでも清潔。しかも、アンモニアによる変色がおこりにくいので安心です。高級感のある石目柄や大理石調など、個性的な空間演出や、設備とのコーディネイトも可能です。

 

プチリフォームの工期は半日~1日、費用は20~70万円

トイレのリフォームはしたいけれど、トイレはどのくらい使えなくなるの?と心配になりますが、トイレ本体の取り替えの場合、半日から1日くらいで工事が完了します。トイレの位置を大きく変更したり、手洗いを新設する場合には、工事日数が増えることもあります。費用は、内装を自分らしく変えたり、毎日のお手入れが楽になる全自動おそうじトイレにしたりと内容次第でさまざまですが、20~70万円台がボリュームゾーンになっています。