お風呂のリフォーム

あったかいバスルーム

冬の寒い日に冷えた体を温めてくれるお風呂。でも浴室が寒かったら、入浴がつらくためらってしまいますよね?特に年齢を重ねると、脱衣室とお風呂の温度差で起こるヒートショックも気になります。そんなご不満をお持ちの方におすすめなのがパナソニックのバスルーム「リフォムス」です!

 

アンケート結果、多数の方が「あたたかさが気になる!」と回答

70歳以上の方、約200名にアンケートを実施したところ、自宅での入浴で危なかったり負担に思うことを「脱衣室や浴室が寒い」と回答されています。
「次の人が入るときには冷めている」「寒いから熱い湯に浸かっている」という意見もありました。安心して入れる「あたたかい」バスルームについてご紹介します。

  • ※2013年3月調べ。75歳~88歳の男女206名にインターネットでバスルームの使い心地に関するアンケートを実施。

 

「ぬくもり動線」で、バスタイムがずっとあたたかい

冬の一番風呂。入るのにちょっぴり勇気が必要ですが、パナソニックのシステムバスルーム「リフォムス」は「ぬくもり動線」で入浴前から湯上りまで常に「あったか!」が続きます。一番風呂でも、入浴前にボタンを一押しするだけで浴槽全体が約10分で温まります!浴室に入った一歩目から、洗う時も床暖房(スゴぽかフロア)で「あったか!」さらに、床・壁・天井に断熱材を使用しているので浴室まるごとしっかり断熱、浴槽も「保温浴槽」で、ご家族の帰宅時間が遅く、バラバラでも「あったか!」が長続きします!浴室の内と外の気温差を減らせるので、冬場の入浴も安心です。

 

湯沸かしと同時に「予備暖房」のスイッチをON。一番風呂をあたたかく!

浴室に入ったとき、一番風呂でもバスタイムをあたたかく、ゆっくり入るポイントは、お湯をはるときに「予備暖房」のボタンを押すこと。「カビシャット暖房換気乾燥機」と「スゴぽかフロア(床暖房)」が同時に運転。お湯がたまる10分くらいで、浴室全体がポカポカになります。浴室に入ったとたんにヒヤッ!冷たい床に一歩踏み出してヒヤッ!そんな心配はありません。

 

電気代は年間約320円!ぜいたくではない、床暖房

予備暖房であたためたバスルームは、洗い場に入る一歩目からあたたかいのはうれしいけど、床暖房は電気代がかさむのでは?と心配な方もいるかもしれません。実はパナソニックの「スゴぽかフロア(床暖房)」なら、年間の電気代は約320円です(※)!1日当たりなら1円未満。これなら家計への負担もごくわずか。得られる快適さを考えたら、とてもコストパフォーマンスが高いといえるでしょう。

※コスト算出条件:算出基準料金(税込)
新電力料金目安単価27円/kwh((社)全国家庭電気製品公正取引協議会)[スゴぽかフロア(床暖房)]1616サイズ。1日20分(10分×2回)使用。年の半分は使用せず。年間182.5日で計算。[カビシャット暖房換気乾燥機(100V)との併用]

 

追い炊きの回数がグンと減る「保温浴槽」。あたたかく、おサイフにもやさしい

そろそろご主人の帰宅予定時間。お風呂を沸かして用意していたのに、突然、ご主人から「遅くなる」との連絡が。そんな経験ありませんか?何回も追い炊きすると光熱費も気になる…。リフォムスの「保温浴槽」は断熱材と浴槽パンでしっかり保温、お湯のあたたかさを保ちます。

 

浴室まるごと断熱で、続けて早く入らないと寒くなる…の心配なし!

「リフォムス」は床・壁・天井をまるごと断熱材で組んでいるので浴室全体のあたたかさが持続します。「続けてお風呂に入らないと寒くなる…」と急いでお風呂に入らなくても、自分の好きなときにバスタイムを楽しめます。

省エネな「給湯機器とバスルーム設備」

家庭でのエネルギー消費割合が約3割といわれる給湯。リフォームの機会に効率的な機器に交換することで、給湯に必要なエネルギーを大幅に削減できます。エコキュート※から断熱・保温構造のシステムバス、節水型のシャワーまで最新設備を紹介します。

※エコキュートとは、ヒートポンプ技術を利用した空気の熱を利用して効率よくお湯を沸かせる高効率給湯機のこと。

 

大気の熱も利用してお湯を沸かすエコキュート

ヒートポンプで大気中の熱を取り込み、電気の力と合わせて効率よくお湯を沸かすのが「エコキュート」。電気だけでお湯を沸かす場合と比べると、3分の1のエネルギーで同じ量のお湯を沸かせます。しかも割安な夜間の電気を利用して沸かしたお湯を貯湯タンクに貯めておき、必要なときに使えます。エコキュートは、省エネだけでなく、CO2の発生を抑制して、地球環境にも貢献できるのです。

 

床暖房やミストサウナにも使えるエコキュート

エコキュートは2~4人用から5~8人用まで家族構成に応じて貯湯タンクのサイズを選べるので、設置スペースや沸かしたお湯を無駄にすることがありません。また、沸かしたお湯をお風呂やキッチンなどに使うだけでなく、床暖房やミストサウナにも使えるタイプもあります。快適な機能を省エネで実現できるのがうれしいですね。