太陽光発電システム設置工事苓北町N様邸

こんにちは、先週の月曜日に苓北町N様邸で太陽光工事を行いました。

N様は倉庫の軽量鉄骨スレート屋根にいま話題の全量買い取りでパネル数は44枚です。

 

画像右下が今回の工事で使うフレームです。

 

スレート屋根なので今回はアンカーをフレームに溶接して固定します。

 

下の鉄骨にビスをもんでフレームを固定します。雨漏りがないようにコーキングで防水加工します

 

固定したフレームにパネルが乗るフレームを乗せます。

 

フレームを全部のせたらこんな感じです、最後にパネルを乗せて完成です。

N様ありがとうございました、これからも末永良いおつきあいよろしくお願いします。

メガソーラー工事~工事内容その3

接続箱までもってきて最後に圧着してつなげます。これで作業は終了です。

11月から約一か月間工事を手伝っていただいた皆様ありがとうございました。
またなにか工事があればよろしくお願いします。

倉岳店新装開店

こんにちは、先週の24、25日に倉岳店でネットワーク&エコハウスの新装開店を行いました。

沢山のご来場ありがとうございました、これからも末永くよろしくおねがいします。

天草市牛深町でメガソーラー工事

11月から牛深で最近TV等で話題のメガソーラーのパネル設置工事をを行いました、雨が降ったりしましたが無事に工事が終了しました。下の画像は全体像です。大きすぎて写真一枚では収まりませんでした。

パネル数はなんと9000枚、大きいですね~。次回は工事内容について更新します。

最後まで見て頂いてありがとうございました。

野菜の水分ってものすごいんですね~

以前投稿したブログで紹介しました電気圧力鍋ですがお買い上げいただいたY様邸に行ってみました。

すると

ボタン押すだけで簡単に肉じゃがができたよ~」と開口一番に朗らかに語りかけてくれました。

Y様の旦那様はは普段料理をあまりのですがこの鍋なら野菜を切り調味料を入れて高圧分でボタンを押せば調理は終わりです。待つこと数十分完成です。

野菜を切って肉と一緒に入れて調味料しか入れてないんですが水を入れなくても野菜の水分で汁が沢山出ていました。

Y様はいままでのとは違い水を入れていないので野菜本来の栄養がそのまま食べられるので体にもいいし健康にもなる、そしておいしいと言われました。そして齢をって来たらかたい食べ物はあまり食べずに柔らかいものばかり食べ、柔らかくしようとし従来の圧力鍋を使おうとしましたが使い勝手が悪い、でもこれは電気だから安心だし安全簡単この鍋を買ってや良かったと言いました。

Y様ありがとうございました、これからも末永いおつきあいよろしくお願いします。

太陽光発電の全量買取制度とは

今日は前々回のブログで少しふれました全量買取制度について説明します。

太陽光発電の全量買取制度とは

社会全体で再生可能エネルギーを普及・拡大させていくため、「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法」により、平成24年7月1日から「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」がスタートしました。

これは、太陽光をはじめとする自然エネルギーで発電した電力を、電気事業者に一定の期間・価格で買い取ることを義務づけるとともに、再生可能エネルギーを買い取る費用を、電気を利用する消費者がそれぞれ使用量に応じて、「賦課金」(サーチャージ)という形で電気料金の一部として負担するというものです。

これに伴い従来の余剰買取制度に加え、自前の設備であっても発電した電力は一旦全て買い取られ、自家消費分の電力は別途系統電力で賄う全量買取制度が日本で初めて導入されました。

簡単に説明すると太陽光パネルでつくった電気を全て売る事です、売電金額は平成24年は42円です。余った電力を売る余剰買取制度は売電金額が10年間固定でしたが全量買取制度は20年間固定です。
(下の画像はパナソニックのサイトから引用しました)

この全量買取制度は家庭用でも設置できますし、屋根ではなくても土地さえあれば設置できますので設置すると、なにもしないでも毎月売電収入がもらえます。

全量買取制度にはいくつかの条件があります。

10KW以上ではないと出来ません、私たちが扱っているパナソニックのHIT240なら42枚、HIT233なら44枚設置すれば10KW以上になります。

余剰買取制度と違い国、県、市からの補助金はもらえません。

すこし難しい書き方になってしまいましたがパネルを42枚、44枚以上設置すれば20年間何もしなくても収入が得られるという事です。

皆様も興味がありまご連絡ください、最後まで見て頂きありがとうございました。

ボタンひとつで出来る簡単圧力鍋

今日は電気圧力鍋を紹介します。電気の圧力鍋・・・初めて聞いた方が多いと思います。

いままでの圧力鍋と違い

蒸気の出るときの音がうるさしここわい
従来の圧力鍋と違い音がとても静かです、シュー!と言う音が気にならない

火力調節が難しい、めんどくさい
ボタンを押すだけでの簡単調理!火の調節いらずなので簡単です

火をつけっぱなしにするので火事が心配
火を使わないから安全安心!

そして従来の圧力鍋と違い蒸し料理、なななんと!お菓子もできます(プリン等)

文字より動画で見た方がわかりやすいと思いますので

『電気』の最大の魅力は「安心・安全」

おいしさと言う点では、ガスの圧力鍋でも、同様に得られると思います。
しかし電気式は、何といってもその「安心・安全」が最大の魅力!

安全だから側に居る必要がない

電気式の場合、火加減はマイコン制御で自動コントロールされるので、焦げたり火が出る心配もありませんし、スタートボタンを押した後は一切手をかける必要がないので、側に居る必要がありません。例えば、圧力鍋が調理をしている間、テレビを見たりシャワーを浴びていても大丈夫です。

静かだから安心

本当に加熱しているの?と思うほど、蒸気音はほとんどせず静か。これは、自分で火加減をしなくてはならないガスと違い、火加減がコントロールされているため、過加圧にならないから。そして、圧力が下がるまで自動で調節してくれるので、フタを開ける時も「プシュ~」と減圧の音がすることもありません。コレなら恐怖感はまったく感じないで、安心して使えると確信しました。

さらに、調理時間が短縮できるので、台所に長く居たくない暑い日などは、コレを使えば家事労働がぐっと軽減されること間違いなしです。

今日は短い時間で簡単に出来る魔法のような電器圧力鍋を紹介しました

太陽光発電システム設置工事『Y様邸』

先日天草市Y邸で太陽光発電システムの設置工事を行いました。
今回はパネル枚数44枚!最近話題の全量買取制度です。

全量買取制度とは

全量買取制度とは、余った電気を電力会社に売る余剰電力の買い取りと違い、太陽光パネルでつくった電気をすべて売る事です。詳しくは次回の記事で説明します。

アンカー(取り付け金具)に巻いてある糸は、アンカーをずれなく取り付けるために巻いています。

このアンカーの上に太陽光パネルをのせるフレームが乗りますので、ずれがあったらパネルがきれいに乗りません。しっかりとずれがないように丁寧に取り付けます。

 

アンカーを取り付けたら瓦をかぶせます。瓦をかぶせたらコーキングです。

 

瓦からアンカーが出た状態です。

 

穴にコーキングをいれて

 

パッキンをかぶせます。これがコーキングの手順です

Y様ありがとうございました。これからも末永いおつきあいよろしくお願い致します。

太陽光発電システムのご相談、お見積もり等はサンライフ21にお気軽にお問い合わせ下さい。