太陽光発電の全量買取制度とは

今日は前々回のブログで少しふれました全量買取制度について説明します。

太陽光発電の全量買取制度とは

社会全体で再生可能エネルギーを普及・拡大させていくため、「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法」により、平成24年7月1日から「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」がスタートしました。

これは、太陽光をはじめとする自然エネルギーで発電した電力を、電気事業者に一定の期間・価格で買い取ることを義務づけるとともに、再生可能エネルギーを買い取る費用を、電気を利用する消費者がそれぞれ使用量に応じて、「賦課金」(サーチャージ)という形で電気料金の一部として負担するというものです。

これに伴い従来の余剰買取制度に加え、自前の設備であっても発電した電力は一旦全て買い取られ、自家消費分の電力は別途系統電力で賄う全量買取制度が日本で初めて導入されました。

簡単に説明すると太陽光パネルでつくった電気を全て売る事です、売電金額は平成24年は42円です。余った電力を売る余剰買取制度は売電金額が10年間固定でしたが全量買取制度は20年間固定です。
(下の画像はパナソニックのサイトから引用しました)

この全量買取制度は家庭用でも設置できますし、屋根ではなくても土地さえあれば設置できますので設置すると、なにもしないでも毎月売電収入がもらえます。

全量買取制度にはいくつかの条件があります。

10KW以上ではないと出来ません、私たちが扱っているパナソニックのHIT240なら42枚、HIT233なら44枚設置すれば10KW以上になります。

余剰買取制度と違い国、県、市からの補助金はもらえません。

すこし難しい書き方になってしまいましたがパネルを42枚、44枚以上設置すれば20年間何もしなくても収入が得られるという事です。

皆様も興味がありまご連絡ください、最後まで見て頂きありがとうございました。

Posted in スタッフブログ.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)