太陽光発電システムの補助金制度

今日は太陽光発電の補助金制度について説明します。

前回・前々回の記事で太陽光発電システムと保障について説明しましたが「太陽光って高い!」と思われた方がいると思いますがご安心ください、電気自動車と同じように国、県、市の3つから補助金がでます。(平成24年度現在熊本県天草市の場合)

国からの太陽光発電システムの補助金

3万円/kWを補助
1kW当たりのシステム価格が 55万円以下のもの
13.5万円 (4.5kW × 3万円)
3.5万円/kWを補助
1kW当たりのシステム価格が 47.5万円以下のもの
15.75万円 (4.5kW × 3.5万円)

県からの太陽光発電システムの補助金

一律4万円

市からの太陽光発電システムの補助金

1kW当たり5万円(上限15万円・天草市外の業者の場合、上限20万・天草市内の業者の場合)

この補助金は平成24度現在熊本県天草市の場合で書いています。
補助金は都道府県、市町村で変わります。

さらに電気料金の契約内容も上の図のように変わります。今までの契約内容ならどの時間使っても一定の値段でしたが時間帯で電気料金が変わりますので大幅な節電になります。

前々回説明いたしました売電です平成24年現在1kwあたり42円で売れます。買う電力は安く買い、売る電力は高く売りますのでかなりのメリットがうまれます。補助金・売電価格は年々下がっていますので設置されるならはやく設置したほうがオススメです。(上の図は九州電力のホームページから引用しています)

Posted in スタッフブログ.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)